栗色の息吹のいぶき

みんながすなるBlogといふものを、栗色の息吹もして みむとてするなり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



   ↑
最後まで読んでくれてありがとう。
"ぽちっ"もお願いします。<(_ _)>


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「いい顔」 

宮本輝さんの「約束の冬」という小説を読んでいます。
仕事の合間や移動の電車の中で読んでいるため、
なかなか進みませんが、今日上巻が読めました。

その小説の中に、いい顔という表現があります。
それは、
「心を鍛えれば、もっともっといい顔になる。そうざらにはお目にかかれないというくらい立派な顔になってみせなさい」
と続きます。

この部分だけで、上巻を読んだ価値があると思い今日のブログを書いてます。
よければ付き合ってください。


「いい顔」という表現は、短い言葉ですがすごくいろんな意味を含んでいると思います。
もちろんこの場合の「いい顔」とは、
八方美人的なものに使われているわけではなく、
かなり肯定的な意味合いのものです。

「かっこいい」では無く、「柔和な」では無い、
単に「いい顔」である事。
そして、心を鍛えることで、もっともっと「いい顔」になれる事。

自分の周りで、見渡すと確かに「いい顔」の人が、
すぐに3人浮かんできました。

私と3人ともほぼ同年代ですが、三者三様に「いい顔」をしています。
3人に共通しているのは、

相手の気持ちを推し量ることができ、
自分の仕事をきっちりとこなす。
そして、自分で考え、自分で行動を起こし、
仕事を達成しようとする意欲が感じ取れます。

数行では語りきれないですが、要約するとこういう感じです。

この人たちは、何も仕事だけではなく、
スポーツでも趣味でも遊びでも、
この部分を確かに持っているように感じられます。

そしてそれは、(第一印象で決めるのは危険ですが)
最初に会った時、極論すれば写真で見ただけで、
にじみ出ているような気がします。

日経ビジネスを読んでいると、
「いい顔」をした人が、多く載っているような気がします。
経済界には比較的多い顔じゃないかな?
という気がします。

反対に政治の世界には、あまり「いい顔」を見かけない気がします。
「狡猾、卑怯、貧相、小悪党な顔」とでも言うのでしょうか?
そんな言葉をイメージしてしてしまう顔が多いと感じます。

せめて小悪党でなくて大悪党の顔をしていてくれれば、
まだましなんですが、やっぱり小悪党顔なんですよね。

だから日本の経済は世界で通用するのに、
日本の政治は世界に通用しないんですかね。
悲しいことです。


まとめようとすると、どんどん話が広がってしまうので、
無理矢理終わらしますが、(文才がない・・・)
この小説を読んで、2006年下半期の目標にします。

(心を鍛えて)「いい顔」になる努力をする

それを目標にがんばっていきたいものです。
スポンサーサイト



   ↑
最後まで読んでくれてありがとう。
"ぽちっ"もお願いします。<(_ _)>


[ 2006/07/11 22:27 ] 宮本輝 | TB(0) | CM(2)

出会い 

宮本輝さんの作品との出会いのきっかけは、
たまたま入った映画館です。
当時よく映画を見に行ってて、
ぴあを見ながら、時間が一番合う映画を探していると、
螢川」という映画が有り、あまり期待せず入りました。

映画自体は、
富山で4月に大雪が降ると、その年には蛍が大量発生する。
という伝説が、物語のベースになっており、
そこに人間模様が描かれているものでした。

当時、いろいろな映画を見に行ってましたが、
原作のことを気にした事はありませんでした。
しかし、なぜか気になり小説で読むと、
正直、映画よりずっとおもしろかったです。

まぁ、蛍の大群を映像にするのは難しいでしょうし、
人間模様を1時間半程で、表現するのはね・・・。

想像の世界である小説の方が有利ですね。

とにかく、この映画で、
宮本輝という名前がインプットされたわけです。
となると、僕のいつもの癖で、
その著者の作品を片っ端から読んでいき、
はまったのでございます。(中村玉緒風に)

中学生位の出来事でした。


今年は、富山で4月に大雪が降るかもしれませんね。(^∇^ )ゞ


   ↑
最後まで読んでくれてありがとう。
"ぽちっ"もお願いします。<(_ _)>


[ 2006/02/18 20:40 ] 宮本輝 | TB(0) | CM(0)

森のなかの海(上・下) 

昨日と今日で久しぶりに本を読んだ。

宮本輝著「森のなかの海(上・下)」という本です。
僕が一番好きな作家の作品なので、一気に読んでしまいました。
当たり前ですが、おもしろかったです。

読むために、車を使わず電車移動で・・・。(^^;ゞ

宮本輝さんは、
僕のすべてに影響を与えてくれた作家さんです。
この人の作品によって、
今の僕があるってゆうてもいい位。

この話は長くなるので、
今度ネタのないときに書きます(^^;ゞ

どの本読んでも、おもしろいから是非読んでくださいね。
はずれはないです!! (断言)



   ↑
最後まで読んでくれてありがとう。
"ぽちっ"もお願いします。<(_ _)>


[ 2006/02/15 22:32 ] 宮本輝 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

栗色の息吹

Author:栗色の息吹
来てくれて、ありがとー
ここで、一旦停止ね(^^)

このブログは、
栗色の息吹の独断と偏見と
主観たっぷりで
構成しております。

***プロフィール***

見てね(^^)

特別な話です
カセッタのママ

おすすめの逸品

iconicon
ニンテンドーDSブラウザー(ライト用) icon
DSliteでインターネット!
寝ころんでブログサーフィンもできます。(^^)
DS用はこちらへ icon

iconicon
DS用ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ icon
PCに差し込むだけで
「ニンテンドーWi-Fiコネクション」
のサービスが楽しめます。

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
はじめてのアフィリエイトなら
リンクシェアでしょ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。